排水管の水漏れ対策の大まかな流れ

排水管の水漏れ対策の大まかな流れ 突然の水トラブルはどのご家庭でも悩み深いものですが、基本的に発生するタイミングも予想しにくいことが大きな原因です。これら水トラブルの迅速な解決を進めていくにあたって、最も重要なこととしては日頃からの水回り問題を管理しておく点にあります。実情からすると水トラブルの管理レベルは各家庭でも決して高くなく、問題が起こってからやっと対策を立て始めるという感じです。トラブルの兆候は日常における水の使用中においても何らかのサインとして現れることも少なくないので、この部分を知っておくことによって自然と水漏れへの認識が可能となります。水トラブルは蛇口に関するもの以外では、最も面倒なタイプとして排水管から発生するケースがあります。

■普段使う蛇口のコンディションを知る

まず、日常生活で使用しない日はない水道の蛇口ですが、水漏れを見る頻度は比較的高くなります。多少の漏れなら何の心配もないと思っている方もいるかもしれませんが、実のところは蛇口の老朽化が大いに関係していることも多いのです。つまり、配管からの出口である蛇口は常に水流による圧迫を受け続けていることもあって、コンディションの良し悪しが目につきやすい部分になります。逆に蛇口からの水流の勢いが急激に落ちるといったことが起こると、水圧の低下を引き起こしていますので配管内部の深刻な水漏れの可能性もあながち否定できません。
このように蛇口のコンディション確認を毎日きちんと行なうだけで、水トラブルを早い段階にて察知することも可能です。ただ、蛇口の位置は家庭によってそれぞれ異なりますので、設置場所に応じた確認手法が求められます。

■排水状況やトイレの床に対する常時監視
蛇口とは異なり、水漏れが発覚しにくいのが排水管方面になります。基本的に内側に配置されていることもあって、水トラブルが発覚した時にはすでに重大なレベルに達していることもあるのです。そのために排水管に対する監視は徹底しなければならないのですが、排水管はトイレの便器などにも組み込まれているのでそう簡単には確認できない事情もあります。
便器からの水漏れは、近年は機器の進化によってずいぶん減って来てはいますが、完全に水漏れがないと思い込むのは大変危険です。トイレに行くたびに若しくは1週間に一度は便器回りの水漏れ等を万遍なくチェックすることが無難です。

■改善費用への理解とその後の対策

本来防止できる水トラブルですが、不本意にも発生してしまった場合は自己解決が難しい面もあります。特に排水管がらみの水トラブルとなると、物件によっては建築物の構造がシンプルで水への知識があれば自分で部品を購入して自己解決も可能ですが、集合住宅の多い今はそれも困難なケースが多いです。
水漏れが一定のレベルにまで悪化すると一時的にまとまった水道 修理費用が必要となり、このことを考えても日常からの水漏れ監視こそが最大のコスト削減対策となることが分かります。また、修理後にも水漏れ監視は継続しなければならず、その時点で修理していない箇所における漏れへの危機意識を念頭に置いた管理が必要です。

■まとめ
水トラブルについては将来に向かっての防止が原則となり、修理はあくまで最終手段に過ぎません。早期からの水トラブルは最悪の場合に建築物自体の劣化を引き起こすため、究極の対策はやはり発生防止に他ならないのです。
蛇口から始まって配管、特に排水管連にどこか異常のある部分はないか、生活の中で常に意識して見つけ出すことで修理が必要になる程度の水トラブルはかなり防ぐことができるでしょう。ここではさらに漏れ対策の流れやその防止対策等について、より詳細に紹介します。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース