排水管でも排水ホースからの水漏れは面倒?

家庭排水管と聞くとスチール製のものを想像しますが、プラスチック製のものも多く設置されています。一般的に排水ホースと呼ばれることもありますが、やはりスチール製と比べて耐久性が落ちるという点は否めません。ここでは排水ホースに関する水漏れパターンや具体的な影響を紹介します。

■発覚しにくい特徴も

排水ホースはスチール製のものと異なり、排水時の音も比較的穏やかです。これが裏目に出て水漏れが発覚しにくいケースもあり、蓋を開けてみると被害が深刻だったということも少なくありません。排水ホースの場合はただでさえ柔らかくてしなりがあるため、あらゆる部分から亀裂が発生するデメリットもあり、使い方を工夫する必要もあります。


■床への悪影響もある

特に最近は洗濯機置き場が屋内にあることも多く、洗濯機に付いている排水ホースに関する水漏れも増えています。屋内の洗濯機置き場によっては排水口の設計が良くないところもあり、これが床への水漏れを一気に進めてしまう原因です。以前は洗濯機置き場はベランダが多かったので、この事例は現代住宅ならではと言えます。




■まとめ
スチール排水管と異なって単価も手頃で使いやすい排水ホースですが、スチール排水管以上に管理をしていないと水漏れを容易に発生させてしまいます。賃貸住宅になると下の階への被害も考えられ、大家や管理会社との間で補償問題にもなる可能性もあるので、日頃からの破損チェック等を決して怠らないようにしてください。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ