排水管の水漏れで頭の痛いトイレ回り

排水管で起こる水漏れのうち、発生後に被害が広がりやすいケースとしてトイレ回りに関するものがあります。ここは毎日使う場所であっても、管理をまめに行わない人も多いです。しかし、トイレの日常管理を怠っていると隠れ水漏れが広がってしまうことになり、最悪の事態を招いてしまいます。そのような事態を回避するためにもトイレの排水トラブル事情をチェックしておくことは大切です。

■悪臭が発生することも

トイレに関連する排水管の水漏れには、主に2つのタイプに分けられます。1つは便器内部の配管の故障によるものであり、もう1つがトイレに接続する部分の破損です。この中でも深刻な事態になりやすいのが後者のほうであり、破損場所の状況によっては悪臭を発生させることもあります。特に複雑な配管構造を持つケースになると、屋内に悪臭が充満してしまうリスクもあるので早期発見が大切です。

トイレの交換の可能性

トイレの排水管の水漏れを修理する場合は、便器等のパーツの交換だけでなく、トイレ全体の交換を強いられる可能性も十分にあります。また、床に水が漏れてしまうこともありますが、これによって床の劣化や腐食をもたらします。これが家屋の強度低下を招き、リフォームを進めなければ改善できない状態にさせます。




■まとめ
排水管のうちトイレ回りは誰もが疎かにしがちですが、これが引き金になって水漏れが発生すると被害も拡大しがちです。これまでトイレ排水管への関心が薄かった方は、今日からでもしっかりとした管理を心がけていくことをおすすめします。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ